紙で作る
紙工作とかゲームとか
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
引越し決定?
2006年07月23日 (日) 00:50 | 編集
えー、首都圏に引越しが決定しました。古くからの友人のお仕事の手伝いで。
仕事が未経験の分野なので慣れるまではペーパークラフトがより鈍足に進行する模様。06はほぼ展開済みで一部は作ってもいるんだけど。

これでイベントに足運びやすくなる、といいな。
スポンサーサイト
バックパック
2006年07月16日 (日) 21:37 | 編集



05のソレより複雑になってます。
そしてイイカゲンなモデリングでパイプも埋まってます。でもこの程度のズレでも組めるので無視です。
パイプの接続部分もナイので、CADで穴あけです。

とりあえずひととおりの修正は終わったので、そろそろ実物作らなきゃイカンです。
もうちょっとだけど
2006年07月09日 (日) 21:48 | 編集
MS-06_13.jpg


いやはや、関連性がよくできてるね、05と06って。
基にした05のプロポーションなどは全然いじっておらず、色変えとパーツ追加程度で変わってしまうんだよね。
このままあっさり本体が出来上がってしまいそうな予感。

でも肩関節の改良はしたいなぁ。
脇腹パイプ作成中
2006年07月09日 (日) 00:37 | 編集



楽だ?。スクリプトさまさま。
ちょっと調べてみたのだが、セレクトした辺を軸にオブジェクトを回転するプラグインというのが過去にあったようだ。が、リンク先は存在してなかった。ま、スクリプトで用足りてるから全然いいんだけど。

手順
1.スタート地点に元パイプを置く(蓋アリ)
2.蓋を切り取り(CTRL+x)貼り付け(CTRL+v)押し出し(CTRL+e)
3.曲げる辺(任意の2点をセレクト)と角度を決める(スクリプト書き換え)スクリプト実行(F5)
4.気に入らなかったらやり直し
5.2にもどる(ゴールならパイプ部分すべてを合成、重複頂点をくっつける)

できあがるモノがフレキシブルなモノなのでゴール地点が若干ズレていてもキニシナイ。
06化
2006年07月07日 (金) 21:15 | 編集
途中経過
MS-06_11.jpg

少ない継ぎ目で大きな効果
2006年07月07日 (金) 18:45 | 編集
なんだか予定と違った進み方してるような気もするがまあいいだろう。
MS-06_09.jpg

MS-06_10.jpg


以前に「トゲつけば?」という話があったはずだが、その結果。
持論として、「複雑なものほど誤魔化しが楽」というのがある。この場合の「複雑」は複雑な連続した曲面にはあてはめられないけど。
トゲの根本を利用して曲面の分割を増やしただけなのだが、かなり効果はあると思う。
さらに調整
2006年07月05日 (水) 17:45 | 編集
左から旧?最新
MS-06_06.jpg

MS-06_07.jpg

MS-06_08.jpg


あんまり変わんなかったかも。
カテゴリを機種別にしてみた
2006年07月04日 (火) 23:18 | 編集
修正作業が面倒でした。ほぼ前件チェック、修正、と。

んで、修正もNEW ENTRY扱いみたいね。記事内容自体はまったく変わってないんだけどね。
比較
2006年07月04日 (火) 17:29 | 編集
ぶっちーさんとorcaさんからは07の展開方式が評価高いようなので試しに07と同様な展開をした06を作ってみた。右が新、左が旧モデル。


MS-06_03.jpg

MS-06_04.jpg

MS-06_05.jpg


自分の評価としてはツノのあるなしで頭頂部の尖がったところが目立ったりそうでなかったり、というところかと。
再評価求む。
さらにアタマ
2006年07月03日 (月) 17:49 | 編集
最近あんまり更新してないのでつまらんだろうとコレも作ってみた。



旧式のアタマをちょっと改修してパイプ接続しただけ。構造がほぼ同じなので中身は旧式のものをそのままつっこんでみた。

そしてジオンの歴史
05-06-07.jpg

空ボールペン
2006年07月01日 (土) 17:41 | 編集



100均行ってゲルインクの0.38mmボールペンを買ってきた。
折り線入れるのに今まではミニドライバーセットに入っていた尖ったドライバーの先をヤスリで削ったものを使っていたのだが、持ちづらく疲れるため、ボールペンに変更しようと企んだ次第。が、手元に安っぽいボールペンが見当たらなかったため、新品のインクを抜いてみた。
まずは生の状態に竹串を挿し、あふれたインクをティッシュで吸い取る。竹串を抜き差しし、竹串についたインクを拭き取る作業を繰り返し、かなりの量のインクを抜いた。
まだ残っているため、水をかけながら竹串を抜き差し。水性インクなのでかなりキレイに取れた。
ティッシュのこよりを強引に詰め込み、回す。インクはこれでほぼ取れた。
最後にペン先のインクを紙に書くことで減らす。1分ぐらい書き続けたら透明になった。

新品の空ボールペン…
かなり微妙な気分。
copyright © 2004 Powered By FC2 allrights reserved. / template: sukechan
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。