紙で作る
紙工作とかゲームとか
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
トモヲ氏
2005年06月30日 (木) 19:41 | 編集
展開図見てこんな仕組みはどうだろう?とテキトーに思いついた保持力若干アップの仕組み

20050630193919s.jpg


試したわけではないのでどんな感じになるかはわかんないけど。
スポンサーサイト
今回の改修のキモ
2005年06月30日 (木) 19:11 | 編集
今回の関節は、保持力を外側の箱と内側の箱との摩擦によって得る、という仕組みなのだが、前回の展開図のままではすぐにヘタる。動かしているうちに外側の箱が広がる、というのが原因。
理想は外側の箱の擦れる面をきちんとした箱状にし、軸位置を深くするのが良い。

てことで股関節を90度までにし、足首も前後、左右の傾きを限定して強化をはかる。


…次ので脚6本目
関節展開図
2005年06月28日 (火) 23:17 | 編集
んーと、研究始めて間もなく出来た関節を大幅に簡素化した展開図。
CADでさくさくっと描いてみた。まあ、大きさきっちり調整しないと使えないけど。

こっちに置き換えて実験してみる。

20050628231152s.jpg


Sodipodiで編集の図
2005年06月27日 (月) 01:46 | 編集
sodipodis.jpg


まだ慣れないけど楽しい。レイヤが無いのがちとアレだけど。Inkscapeと使い分けかなー。
ペーパークラフトの完成度
2005年06月26日 (日) 18:25 | 編集
ちょっと横道それてペーパークラフトの完成度について考えてみる。

プラモデルと似てるかな。実物縮尺系とアニメ系。前者はじっくりコツコツ作るタイプ、後者はわりとお手軽に作るタイプ。まあ、後者でもじっくりコツコツ改造したりして作る人もいるわけだけど。

プラモデルとペーパークラフトで決定的に違うのはそれを作り上げるために割く時間かな。プラモデルのパーツ2つ繋げてる間にペーパークラフトではパーツ2つ切り抜けるかどうか微妙だし。そんなこんなでかなりの時間が割かれるわけだ。

つまり、ペーパークラフトを作れる量はプラモデルを作れる量より圧倒的に少なくなるってことだ。これはいずれ自分のペーパークラフトを販売してみようかなーなんて考えている人にはかなり重要な点かと思われる。

山積みモデラーなら躊躇なく買ってくれるかもしれないけど、「まだ作ってないのあるしなー」てことになったらたぶん買わないよね。そう考えると作り上げるまでにかかる時間をできるだけ削減して次の作品を買ってもらえるようにすることが重要になる。また、時間の削減∽作りやすい、であれば新たな顧客層の開拓にも繋がりそうだ。

しかし、作りやすい∽カタチがイマイチ、であれば商品としての価値は無い。顧客が納得できるカタチでなおかつ作りやすい(ストレス無く作れる)モノであることが重要になる。

さて、どんなトコにストレスを感じるか。「切り抜きが面倒」、「なかなかカタチが見えてこない」、「似た作業の繰り返し」、「のりしろ押さえられないのでくっつかない」てトコだろうか。
KMCの場合、A4 1枚を切り抜くのにたいしてストレスないのでその1枚でなんらかの進展があったように思わせるようなパーツ配置を心がけている。あっち飛んだりこっち飛んだりでバラバラだと探すのが大変だし。
似た作業、似たパーツの切り出しとうんざりするほどののりしろってトコか。KMCの場合は似たパーツの切り出しは避けられないな。関節たくさんあるし。のりしろはラインを減らすことで抑えられる。例えば円柱、24分割を8分割にするだけでばっさり16箇所もののりしろが無くなる。端が円に見えないというならば他のソフトを利用して蓋部分を円にすれば済む。苦労のわりに結果がたいして変わらないのであれば手順が少ないほうが良い。また、ラインを減らす∽継ぎ目が減る(=ではない)、なので完成品が美しく見えるという良い副作用もある。
のりしろが押さえられないことに関してはじっくりとどのように押さえるか、てのをイメージしてのモデリング、展開すればなんとなく回避はできるだろう。

あくまで商品としての完成度を考えたので個人が自己満足するために作るものに関してはこの限りではない。

…がKMCは販売も配布も考えてないブツをこの考えに基づいて作成中だったりするのだった。
Sodipodi
2005年06月25日 (土) 21:22 | 編集
なんだかおもしろくなっていろいろいじってた。でももともとドット絵派なのでうまくいろいろ描けるかどうかはまだ不安。

ちなみにSodipodiではSVGを編集するわけだけど、ペパクラデザイナーで出力できるのはPDO,BMP,EMF,EPSだったけか。途中の編集の都合上、一旦CADで編集できる形式にして、それをSVGに変換する。
ペパクラデザイナーからCADで使えるDXFに変換するのにはGsviewというソフトを使う。ペパクラデザイナーからEPSを出力→GsviewでDXF変換→CAD編集→gsDXF2SVG→Sodipodiといった具合かな。

まあ、わざわざ高いソフト買う必要がなくなったてことで安心。しかし各変換時に倍率が変わるので注意。この方法使えばイラレ無くても高品位なペーパークラフト作れるだろう、たぶん。
ふと
2005年06月22日 (水) 00:04 | 編集
保持力大幅にアップしそうな構造思いついた。
でも違う紙で脚1本目もうすぐできるんだよね。んでなんだか前の紙よりイイ感じだったりして。

テストしてみっかな。
紙の厚みと重さと強さ
2005年06月19日 (日) 20:45 | 編集
軽くて丈夫で薄い、てのがやはりベストなんだろう。
現在使用している紙はコクヨの厚紙用紙。厚みが0.215mm
100枚で\800強だったかな。1枚あたりの単価がとっても安いので導入したもの。顔料ブラックに弱いのが致命的。

そして重い。

違う紙でも検討してみる。
もっかい試したら
2005年06月19日 (日) 03:49 | 編集
立った。

20050619034738s.jpg


まあ、いずれにせよ強化は必須らしい。


ついに
2005年06月19日 (日) 03:39 | 編集
脚と腰が合体。

20050619033746s.jpg



しかしまだ関節が弱かった…
ボディが乗せられず…

もっと強化スル。
両足できた
2005年06月18日 (土) 22:54 | 編集
腰作ってから写真アップする。
脚完成
2005年06月16日 (木) 19:08 | 編集
20050616190331s.jpg



まあこんな感じ。アタリが出たのでもう1本。
もうちょっとパーツつくけど
2005年06月15日 (水) 22:09 | 編集
立ててみた。
20050615220827s.jpg

やっとこさ
2005年06月14日 (火) 02:29 | 編集
展開図の配置完了。
そして寝る。
20050614022909s.jpg

最近
2005年06月10日 (金) 18:36 | 編集
写真がナイので楽しくないだろうと思って撮ってみた。
20050610183538s.jpg



カタチが見えてちょっとモチベアップ
インク
2005年06月09日 (木) 21:28 | 編集
色付きで組んでみた。

テストバージョンと同じ大きさなのに安定しない。テストの方はデフォの薄いグレー。色付きは薄い黒。慣らしのときにスゴイ屑が発生したり、慣らし前が異様にきつかったり。


結論
 色付きでテスト


しかないな。


そもそも紙が顔料に弱いというのも原因のひとつかも。表面の質がだいぶ変わるんだろな、きっと。
記録大更新
2005年06月06日 (月) 21:41 | 編集
ななななななんと! 練武館で15,060両も!

今回のプレイの流れ
 ・本多(1)→五右衛門(逃)→秀吉(出のみ)→前田(1)→五右衛門→秀吉(1)→本多(2)→くのいち(1)→輸送兵(1)→輸送兵(2)→稲姫(1)→くのいち(2)(宝発見)→くのいち(2)→輸送兵(3)(1名逃)→くのいち(3)→榊原→前田(2)→井伊→前田(3)→くのいち(4)→酒井→秀吉(2)→佐々→秀吉(3)→秀吉(4)

どうやら金塊イベントを逃すと小判を持つキャラが出現しやすい模様。小判だらけで砂金×10試練がきつかった。

しばし抜かれることもなさそうなので放置することに。
関節テスト
2005年06月06日 (月) 18:55 | 編集
十数個作って検証してみた結果、ドコが悪いのかはっきりしたのでまた組み込んでみることにする。

この関節に興味ある人いるかね?
関節その後
2005年06月03日 (金) 22:46 | 編集
なんとなくいい感じにはなってきた。

軸にいくらか余裕を持たせることで安定しそうだ。
いままでパーツが小さいとかスペースがとれないとかでおかしな変形しておさめていたのが各関節におけるバラツキが発生してた模様。もちろん大きく作れるところは大きいほうが安定はする。

まあ、頑張ってみる。
そして脚
2005年06月01日 (水) 19:25 | 編集
新型関節で組んではみた。がやはり膝が弱く感じる。もっとギチギチと音立てるくらいキツクなんないといろんなポーズはとれないな。

しかも組み立て途中に致命的な組み立てづらさが!



しばし関節の強化にいそしむとする。
練武館
2005年06月01日 (水) 19:05 | 編集
よーやく13,105両。だが我が家のハイスコアは13,170両。小判2つと砂金1つ分。もうちっと粘れば抜けたのに!

まあ、いままでやった感じではどうにも「運」がつきまとうぽい。小判落とすキャラの出方がどうにもバラバラで少ないときには80台、多いときで140台とこんなに差があるのもどうかと。なんとなく多く出せるような感じにはなってきてるがまだはっきりせんのでいまいち攻略にバラツキが。アフターバーナーIIのラッキーパターンみたいなのでもあれば…
copyright © 2004 Powered By FC2 allrights reserved. / template: sukechan
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。